SponsoredLink

ゴシックロリータは手作りで極める

ゴシックロリータ、そのブームとも言える人気で、街中にも取扱っている店舗が増えたし、ネットでゴシックロリータを手軽に通販で買えるようにもなりましたね。ゴシックロリータの雑誌も結構出ていますしね。


でも、ゴシックロリータを極めるのならば、やはり最後は手作りです!ゴシックロリータを手作りで…なんて聞くと難しいと思うかもしれませんが、要は楽しみつつ、自分流にゴシックロリータを変化させるということ。服はもちろん、色々な小物も手作りできるのが、ゴシックロリータのひとつの特徴でもありますからね。


ゴシックロリータを手作りする上で、助けとなるのが「ゴスロリ小物を手作りしましょ」という本。可愛くてかっこいい小物が沢山載っています。レースやリボンもふんだんに使ってあるし、これ一冊で自分流ゴシックロリータを生み出す十分な手助けになります。


また「ゴスロリ」という本もゴシックロリータを手作りするなら必見の本です。なんと、ゴシックロリータのウェディングドレス、浴衣などの作り方まで載っています!ゴシックロリータ手作り上級者には、楽しい一冊だと思います。


自分だけのゴシックロリータ、誰のマネでもないゴシックロリータ、世界にひとつだけのゴシックロリータ。ゴシックロリータが本当に好きなら、そんなゴシックロリータに絶対憧れますよね。最後は手作りで、ゴシックロリータの世界を極めたいものです!

ゴシックロリータファンはすごい…

ゴシックロリータを最初に知ったのはいつだったっけ?すっかりゴスロリという略称で、ひとつのファッションとして定着してしまったけれど。ゴシックロリータの発端っていつなんだろうなぁ。


はっきりしたことはわからないけど、90年代、MALICE MIZERというバンドのファンの間でゴシックロリータは広まり、一般に広く知られるようになったきっかけだと思う。ゴシックロリータファンは、主に10代〜20代の若い女性。


でも、確かにゴシックロリータファッションに身を包むのは、若い女性が中心だけれど、ゴシックロリータのイラストや画像を楽しむ人はもっと年齢層も幅広くなるようで、ゴシックロリータのファンはかなりの数、いるみたい。


ゴシックロリータで特にすごいなって思ったのが、ゴシックロリータを手作りするということ。これはゴシックロリータには重要な要素らしく、ゴシックロリータのコアなファンともなると、他にはない自分だけのゴシックロリータの服や小物を手作りするのは当然らしい…。裁縫苦手な私には考えられないことだけど。


中には、自分の手作りしたゴシックロリータの商品で、ネットショップをやってる人もいるとか。いや〜、ゴシックロリータのファンってすごい。なかなか他のファッションではそうはいきませんからねぇ。違う角度から、ゴシックロリータを見直してしまいました。

ゴシックロリータ系のブランド

ゴシックロリータ、その特徴的なファッションは、一部では非常に人気ですね。さすがにゴシックロリータファッションを自分がするのは抵抗があるけれど、可愛いから見るのは好きという人も多いみたいです。


ゴシックロリータのブランドといえば、ジェーンマーブルが一番有名かな?「年齢や日常を全て振り切った所に存在する永遠の少女の服」がコンセプトのジェーンマーブル、いかにもゴシックロリータの世界観そのものって感じがします。


実際、ゴシックロリータのブランドとしてはかなり人気のジェーンマーブル。情報自体は結構少ない気がしますが、結構値がはるゴシックロリータにしてはジェーンマーブルは手頃な価格なので、人気なのかもしれません。


他にもゴシックロリータから派生したファッションとして、ゴシックロリータパンク(通称ゴスパン)があり、代表的なブランドはヴィヴィアンウエストウッドですね。このブランドはNANAでも出ていたので、知ってる人も多いかもしれません。


案外知らないだけで、ゴシックロリータ系のブランドって数多くあるみたいです。気になるという方は、ゴシックロリータの雑誌などでチェックしてみるといいと思いますよ。ゴシックロリータの雑誌も、結構数多く出ていて、見てみると面白いですよ。